「ハウジングファースト勉強会」にて緊急提言

私も所属する「ハウジングファースト勉強会」では、新型コロナウイルス感染症に起因する失業や収入減少によって、住居等を失った方々への支援策を早急に立案することを目的に、4月から関係団体・省庁との勉強会やヒアリング(Web会議等)を2回、 炊き出しや夜回り活動といった、支援団体の実際の活動についての視察を4回と重ねて参りました。

その成果として政策提言を取り纏め、4月吉日、自由民主党の新型コロナウイルス関連肺炎対策本部田村憲久本部長に提出いたしましたのでここにご報告させて頂きます。

ご指導いただきました立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 亀井善太郎 特任教授、一般社団法人つくろい東京ファンド、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、NPO法人TENOHASHI、一般社団法人Colabo、その他関係各位に厚く御礼申し上げます。

これからも、「住居は社会保障の根幹」という考えをもとに、6月の骨太方針、次回の新型コロナウィルス感染症緊急経済対策や補正予算への組み入れに提案を続けて参ります。

報告書:http://asahikentaro.tokyo/wp-content/uploads/2020/05/ハウジングファースト勉強会緊急提言.pdf