私は二度出場したオリンピックで
大会を通じ国が大きく変わる姿をスポーツを契機にした目の当たりにしてきました。

 

2020年
東京オリンピック・パラリンピックは、
アスリートのみならず
子供からお年寄りまで
みんなが参加する、
社会全体を巻き込む祭典として、
日本が大きく変わる転機となる。
そんな大会にしたいと考えています。

 

1964年東京オリンピックは
高度経済成長期の大会として、
社会インフラ整備が加速しました。

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックは、成熟した国家として迎える大会になります。

 

「健康」・「教育」・「経済」分野の
スポーツを契機にした成長と共に、
ユニバーサルデザインや心のバリアフリーの実践を通して、
成熟国家としての社会のあり方が創り上げられるきっかけとする。

 

これを実現することが、私の政治家としての使命と考えています。