第204回国会 閉会 20210621

第204回国会が150日間の会期を終え閉会しました。

今国会はコロナ感染症対策を最重要課題とし、感染防止対策、医療体制の維持、加えて経済対策とこのパンデミックに対し全力で取り組みました。

この間、令和3年度予算の成立と政府提出の61本の法案が成立し、国交省からは7本の法案が提出されていましたが、全て国会で承認を得ることができました。
国交政務官として初めて臨んだこの通常国会では、政府側の立場で法案審議に限らず、治水対策、鉄道関連、防災減災国土強靭化に対する質問に答弁に立ち、
役所の職員と協力しながら対応することができました。


特に重要法案として扱われた「流域治水関連法案」では、近年の豪雨、台風被害が頻発化激甚化する状況もあり、審議に多くの時間が割かれました。
この法案により、上流から河口まで一体的に治水対策が進められることになります。全国が梅雨入りした中、気候変動にともなう水害に万全の備えをしていかなければなりません。
今後、ハード・ソフト両面による治水対策の強化に向け、自治体間連携もしながら進めてまいります。

また、会期中には熊本地震の復興式典にも参列する機会を頂きました。故郷熊本が地震被害に見舞われてから5年。
復興のシンボルと言われた「阿蘇大橋」が復旧し、多くの方々の喜びに包まれながら開通式を迎え、国交政務官として出席できたことは感無量でした。
復興自体はまだ道半ばですが、熊本に留まらず毎年発生している自然災害の被災地復興をさらに進めます。

その他、これまで取り組んできた男性の育児休業取得の義務化も大きく進むこととなりました。育児休業法が改正され、
男性の育児休業がより取得しやすくなるルール作りに加え、事業者側も社員に対しより配慮が必要となることで、
出産を望むご家族にとって、生活を送る周辺の環境が良くなっていく事を大いに期待しています。

逆に大変残念であるのは、初当選以来関わってきた「LGBT理解増進法」ですが、あしかけ5年かけようやく与野党実務者協議によって合意案がまとめられ、
国会提出の直前まで行きましたが、最終的に自民党内の了承が得られず断念する結果となりました。五輪憲章にもあるようにいかなる差別も許されない、と
社会の理解が進む中、我が国でも性的少数者に対する配慮が前進することが期待されていましたが法案成立とならず、次回国会で再度取り組む所存です。

オリンピックパラリンピックまで残り一か月となりまだ課題は山積していますが、正確な情報公開とアスリートや関係者の安心安全確保に全力をかけ、
準備を進めてまいります。

また6月25日からは東京都議会議員選挙が始まります。我々自民党が自信と責任をもって公認した60名の候補を全力で応援してまいります。
首都東京における重要な選挙です。コロナで大きく傷ついている中、政治が責任をもってこの難局を乗り越えるためにも、我々の同士への応援をよろしくお願い致します!