「岸田文雄新内閣発足」20211004

岸田新内閣が発足しました。

10月4日に開かれた臨時国会において、衆参両議会の本会議で第100代の内閣総理大臣に岸田文雄先生が選出されました。私も国会議員の1人として「岸田文雄」と記名投票し、我が国の新たな出発の瞬間に立ち会うことができ、改めて身の引き締まる思いです。

岸田新内閣の特徴の一つに挙げられるのは、「老壮青」と言われる各世代から閣僚をバランスよく指名し構成している点にあると思います。

特に、青年局長である牧島かれんデジタル担当大臣、小林鷹之経済安全保障担当大臣といった年の近い仲間が大臣に抜擢されましたが、両人とも岸田総理が掲げるビジョンに合致し実行力のある人材です。将来の日本を先導する突破力のある若手と、高い視野と調整能力のあるベテランのコンビをつくっていこうとしているのがよくわかります。

加えて、発足初日の記者会見を拝見していても、総裁選以来一貫して新たな資本主義、またコロナ対策といった今国民に最も必要とされる政策を実行しようとする姿が印象的でした。

そして会見の後段では衆議院総選挙に言及しました。

10月14日衆議院解散・31日衆議院選挙という方針を示しました。これにより、一気に選挙モードに突入です。

岸田新総理は、「この国を岸田に任せていただけるのか、その選挙である」とコメントしています。まさに、国のかじ取りを再度自民党に、そしてそのリーダーに岸田文雄へ信任を預けて頂けるのか、その信を問う総選挙になると思います。

その判断軸となるべく、今週8日(金)の本会議において、岸田総理の所信演説が予定されています。

国民に何を訴え、どのような国にしていくか、国民の皆様にもぜひと聞いていただきたいと思います。

信頼と共感を得てこの国を動かしていく。国民の声をしっかりと聞いて岸田新総理とともにこの責任を果たしていく所存です。